給食・食育

食事は保育の柱です

食育のねらい

  • 食べたいもの、好きなものが増える。
  • おいしい食事を楽しく食べる。
  • 自分たちで作る楽しさを知る。

さくら中央保育園の給食の特徴

  • 添加物を使わず、昆布やかつおぶし、煮干しでだしをとり薄味で素材のうまみを生かしています。
  • 旬の食材や、季節の野菜、果物類、改装、小魚類などできるだけ多くの素材を使い栄養バランスや色合いなど考えた献立をたてています。
  • お茶は麦茶を用意しています。

今日の給食おいしかった?

毎日の給食を玄関に展示しています。帰りの時間にお子さんと一緒に見てその日の食事の様子などおしゃべりするのも楽しいですね。レシピが知りたい時は遠慮なく声をかけてください。

離乳食

離乳食はご家庭と連携をとり月齢に応じ個別に準備します。
お子さんの発達にあった食材の切り方、量、味付けなどを保護者の方と話し合いながらすすめていきます。

アレルギー除去食について

さくら中央保育園では除去食については必ず医師の指導のもと保護者の方との連携を密に取り合いながらすすめていきます。
一年に一度、医師の診断書と「除去食申請書」を提出していただきます。

食育

夏野菜を育てたり、調理保育をし食材に触れる機会を作っています。また、食材に触れるばかりではなく食べることに関する話や食事のマナーについての話を調理の大人から話を聞く機会もあります。

活動の様子